TOP バーのカクテル >銀座 バー 酒仙堂の「ホット ブラッディ シーザー」 〜思い出のバーのカクテ ル〜

2007年12月08日

銀座 バー 酒仙堂の「ホット ブラッディ シーザー」 〜思い出のバーのカクテ ル〜

銀座のバー、酒仙堂で飲んだ一杯のカクテル。


shusendou20071204-007.JPG


この「ホット ブラッディ シーザー」が私の意識を変えた。


最近、自分的に急にカクテルへの関心が高くなっている。
もちろん今までもバーに行けば、
さんざんカクテルは飲んでいるし、
そこそこカクテルは知っているつもりでいたのだが、
まだまだ奥の深い世界であることに、いまさらながら気がついた。

私の定番カクテルといえば、まず、「ウォッカマティニー」。
それをシェイクした、いわゆる「ボンドマティニー」である。

007のジェームズボンドが好むこのウォッカマティニーは、
通常ステアでつくるマティニーをシェークすることで
やや飲みやすくなるような気がするし、
激しくシェーカーで氷とぶつかりあう過程で、
清涼感も増すような気がするのだ。

さて、話がそれたが、銀座 バー 酒仙堂の
「ホット ブラッディ シーザー」である。
いままで私は、「ブラッディ シーザー」なるカクテルに
つい数週間前に出会って
それが世の中の一般的なカクテルレシピとして流通していることに
いたく衝撃をうけたのである。


shusendou20071204-007.JPG


それが「ホット」として出てきたときには、
もう唸るしかなかった。

そういう意味で、私にとっての最近の思い出のカクテルは
この、銀座 バー 酒仙堂の「ホット ブラッディ シーザー」なのである。

一度、カクテルの世界を見つめなおさなくては・・・と
私に新しい世界を教えてくれた、バーと、バーテンダーさんと、
そして「ホット ブラッディ シーザー」であった。


【ホット ブラッディ シーザー】
ブラッディ・マリーは、ウォッカとトマトジュースでつくるが、
トマトジュースのかわりに、ハマグリやアサリのエキスがはいった
「クラマト」というジュースをつかってつくったものが
ブラッディ シーザー。
いろいろな香辛料を加えることが多い。


(銀座 バー 酒仙堂 の訪問の詳細記事)
銀座のカクテルがおいしいバー バー 酒仙堂


銀座 オーセンティックバー バー 酒仙堂
東京都中央区銀座6丁目12-17 錦光ビルB1F
03-5537-0264
東京メトロ各線銀座駅徒歩2分
銀座 オーセンティックバー バー 酒仙堂 の詳細はこちら


レストランの人気blogランキングへ
banner_02.gif



posted by バー 千夜一夜 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーのカクテル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71655661
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。