TOP 銀座 バー >銀座の隠れ家バー グレープフルーツムーン

2006年11月22日

銀座の隠れ家バー グレープフルーツムーン

おしゃれな隠れ家バーがあると聞いて、
銀座6丁目のバー グレープフルーツムーンへ。


greapemoon20061118-005.JPG


ビルの5階にひっそりとあるバーである。

エレベータの扉が開くと、一瞬眩さが感じられるほど、
そこが、きれいな白基調のバーのエントランスになっていて、
すぐに暖かい声が迎えてくれた。

はじめてのバーに行くときは、いつも多少なりとも
緊張するものだが、その一声が
一瞬で暖かな世界へ誘ってくれるのだ。



最初はオススメのカクテルを尋ねてみる。
好みは「甘すぎず、さっぱりとしていて、アルコール度数は高めでもOK」

ほんの一瞬考えて、バーテンダーさんがだしてくださったのはこれ。
スイス、ドイツ、イタリア、フランスの
薬草系リキュールをシェークしたもの。


greapemoon20061118-001.JPG


なんとも体によさそうではないか。

口当たりもじつによく、酒飲みとしては、一挙両得したような気分だ。


2杯目は、山崎12年をロックで。
この一杯が心を落ち着かせてくれる。


greapemoon20061118-005.JPG


店内は明るいカラーで統一され、気さくなバーテンダーさんが
キメの細かいサービスをしてくれて、気持ちがいい。

長い一枚板のカウンターが実にいい味をだしている。
6メートル以上もあるだろうか。

なんでも工事中に、エレベーターではこのロングカウンターが搬入できず、
昨年の今日、同じ日にビルの外からクレーンで店の中に入れたそうだ。
そう、この店は開店してまだ1年目。
中はとても綺麗だが、サービスや心遣いは、もっと練られたものを感じる。


少しお腹がすいていたので、食べ物を頼むと、
ポルチーニ茸のクリームパスタをつくってくれた。


greapemoon20061118-006.JPG


これが実においしい。
ポルチーニ茸の香りがクリームソースにマッチして、
うえからふりかけたパルメザンチーズとあいまって
えもいわれぬコクがある。


greapemoon20061118-007.JPG


パスタの茹で具合も絶妙である。


それにしても、「グレープフルーツムーン」という
名前が不思議だったので聞いてみると、
一枚のCDを手渡された。

トム・ウェイツ 「クロージング・タイム」。


greapemoon20061118-004.JPG


ブルースだ。

そのアルバムの11曲目に「グレープフルーツムーン」という
曲があり、これが店名の由来だそうだ。


greapemoon20061118-003.JPG


バーテンダーさんが、その曲をかけてくれた。
トムウェイツのしわがれ声とゆったりとしたブルースが、
なにか寂しげで、それでいて暖かな空気を醸し出す。


ちなみに店のコースターの時計の絵、
これもこのトムウェイツのアルバムの
ジャケット右上に描かれている時刻である。


greapemoon20061118-002.JPG


グレープフルーツムーン。


おしゃれな雰囲気の中、ひとりでもカウンターでくつろげる
もう、すでにお気に入りのバーである。



銀座 バー グレープフルーツムーン
東京都中央区銀座6丁目12-14 松岡銀緑館5F
03-5537-0209
東京メトロ銀座駅より徒歩で3分



レストランの人気blogランキングへ
banner_02.gif


【銀座 バー グレープフルーツムーン 参考情報】
 カクテル・バーメシ共に超一流!銀座 grapefruit moon(グレープフルーツムーン) 


posted by バー 千夜一夜 at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 銀座 バー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28013413

この記事へのトラックバック

銀座の隠れ家バー グレープフルーツムーン 「ポルチーニ茸のクリームパスタ」
Excerpt: まだ新しい銀座の隠れ家バー、正真正銘のオーセンティックバーなのだが ここの「ポルチーニ茸のクリームパスタ」はうまい。 ..
Weblog: 東京グルメ 隠れ家バーのこの一皿
Tracked: 2008-01-27 08:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。