TOP 新橋 汐留 バー >新橋 クロンダイク・ハイボール

2010年12月16日

新橋 クロンダイク・ハイボール

新橋 クロンダイク・ハイボール。

klondike20101215-009.JPG

新橋の烏森口の雑居ビルの2階で
ひょんなことから入ったショットバー。
これがなかなかのバーであった。

新橋の小さなビルの急な階段を登って、
2階の和食店の目の前に、新橋 クロンダイク・ハイボールの扉が。


klondike20101215-011.JPG


なにか気を引く店構えと、「クロンダイク・ハイボール」という
店名に惹かれてバーの扉を開ける。

店内は変形カウンターのなかなかいい雰囲気。

さっそくハイボールから。


klondike20101215-001.JPG


お通しも、ブラックオリーブなど3種の肴。


klondike20101215-002.JPG


どうも、新橋でもシェリーの飲めるバーとして有名らしく、
料理メニューもスペイン系の料理を中心に
かなりバーとしては充実している。

スペイン風オムレツ。


klondike20101215-003.JPG


2杯目はタリスカーでハイボール。


klondike20101215-004.JPG


メニューをみたときから、モルトにあわせたい・・・との誘惑に
抗いきれなかった、牡蠣のアヒージョ。


klondike20101215-005.JPG


さすがに牡蠣の味が染み出たオイルは、
バゲットとの相性もバツグン。


klondike20101215-006.JPG


もちろん、あわせるのはアイラモルト、ラフロイグのハイボールだ。


klondike20101215-008.JPG


ああ、この素晴らしいマリアージュ。
アツアツの牡蠣のアヒージョと、ラフロイグのハイボールって
ありそうでなかなかできない組み合わせ。


klondike20101215-007.JPG


シェリーもいただいたが、甘いイメージのあったシェリーも
深い熟成感がありながら、飲み口はさっぱりしていて
シェリーだけをもっといろいろ試したくなるバーだ。


klondike20101215-009.JPG


シメは最近はまっている白州ハイボールで。
でも、12年は久しぶりかも。


klondike20101215-010.JPG



新橋 クロンダイク・ハイボール。
今回は、店名の一部、「ハイボール」に反応してきたので、
なんとなく最後までハイボール気分だったが、
小粋なスペイン料理の小皿とシェリー、
かなり大人の世界がひろがるバーであった。


新橋 クロンダイク・ハイボール
東京都港区新橋3-16-22
池野6号ビル2F
03-3438-3825
新橋 クロンダイク・ハイボール 詳細情報


レストランの人気blogランキングへ
banner_02.gif

【ブルータス 20年通えるバー】
 BRUTUS (ブルータス) 2010年 10/15号 [雑誌]


posted by バー 千夜一夜 at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新橋 汐留 バー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。