TOP 中野 国立 バー >東中野 スモークソルト

2010年06月14日

東中野 スモークソルト

東中野 スモークソルト。

ssalt20100614-001.JPG

東中野駅から5分ほど歩いた静かな場所にある
アイラハイボールと燻製のバー。

中野には、ブリックなどのバーがあるが、
東中野のバーは初めて。

スモークソルトの扉を開けると、
こじんまりとした店内は、L字型のカウンターに
ロータイプのスツールが6席ほど。

先客は、女性のひとり飲みと、男性のひとり飲みが2組。

まずは、ラフロイグのハイボールで。


ssalt20100614-002.JPG


つきだしとして出されたのは、「塩」。

自家製の燻製塩、すなわち、スモークソルト。

こりゃいける。
塩だけでラフロイグのハイボールがグイグイいけてしまう。

2杯目は、スモークソルトのオリジナルハイボール、
その名も「スーパーハイボール」。

スコットランドのブレンデッドウイスキーをベースに、
そのウイスキーに使われているモルトを足して
ハイボールにするもの。

バランタインをベースに、スキャパをいれてもらう。

ssalt20100614-004.JPG

粋なハイボールですなぁ。
香りがとても特徴的になる。

スモークソルトにきたら、と期待にワクワクしていた
自家製のスモーク。

いろんなものがあるので迷っていたのだが、
結局おすすめスモークを盛り合わせてもらった。


ssalt20100614-005.JPG


たこのスモーク、甘海老のスモーク、
鰹は昆布ジメ、それに自家製のベーコンだ。

そのまま食べてももちろん美味しいのだが、
これまた自家製の燻製しょうゆ。


ssalt20100614-006.JPG


たこにグッと深みが出て、クセになりそう。。。

こちらは、オリーブオイルの燻製に、
スモークソルトと胡椒をいれたもの。


ssalt20100614-007.JPG


うわっ、飲める(笑)
バーテンダーさんは、ウイスキーの飲み方ももちろん、
スモークにも造詣が深く、燻製談義に花が咲いた。

このこだわり、見事としか言いようがない。

ほかのお客さんも、そんなバーテンダーさんの人柄に惹かれて
やってくるのだろう。
みなさん酒飲み(失礼!)ばかりのようだ。


東中野のスモークソルト。
バーテンダーさんのこだわりに、脱帽の夜であった。


東中野 スモークソルト
東京都中野区東中野1丁目14-26 高山ビル1F
03-5937-5615
JR中央・総武線 東中野駅 東口徒歩5分
丸ノ内線 中野坂上駅 徒歩7分
東中野 スモークソルト 詳細情報


レストランの人気blogランキングへ
banner_02.gif

<自家製燻製レシピなら>
 男の手作り燻製

posted by バー 千夜一夜 at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中野 国立 バー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152884446
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。