TOP 銀座 バー >銀座 バー Quina(キナ)

2008年07月02日

銀座 バー Quina(キナ)

銀座 バー Quina(キナ)。
銀座で燻製の食べられるバーを検索していて見つけたバー。


quina20080702-002.JPG


最近はちょこちょこでてきているが、
自家製の燻製をつくってだされているショットバーだ。

銀座の松屋の裏にある、小さなビルの
地下への階段を降りていく。


quina20080702-001.JPG


小さな扉を開けると、こじんまりとした雰囲気のいい
ショットバーだ。

カウンターに座り、まずはラフロイグでハイボール。
なんせ燻製を食べに来たので、のっけからアイラモルトだ。


quina20080702-002.JPG


すると、つきだしに・・・
といってだされたのがこれ。


クリームチーズにラムレーズンやドライフルーツをまぜ、
ラムを効かせてだされた自家製のオードブル。


quina20080702-003.JPG


これがクラッカーにのせて食べると
じつにウイスキーにあうのだ。


quina20080702-004.JPG


いつでもつきだしには自家製の何かを
出してくださるそうで、一気にバーの好感度アップ。


自家製の燻製をぜひ、とお願いして
温めるのを待つこと数分。

登場した、バーQuinaさんの自家製燻製盛り合わせ。
バーの中が暗いので、撮影に苦労していたら、
他にお客さんがいらっしゃらないので、と
さっと照明を明るくしてくれた。


quina20080702-005.JPG


自家製燻製の素晴らしいこと!
ライトアップ効果もあってバッチリ(笑)

自家製燻製は、チーズ、ベーコン、鴨、鳥、
かまぼこにうずらの卵の燻製だ。

もう夢中で食べた(笑)
どの燻製もじんわり味わいがあって、
すこぶるうまい。

中でもチーズの燻製は秀逸で、
いろんなところでチーズの燻製を食べたが、
燻製された外側の張り具合やなかのトロけかたの
バランスが絶妙で、拍手ものだった。

あっというまにラフロイグのハイボールを飲み干し、
あえてモルトではない何かをお願いすると、
ピート香りの効いたモルトで、ラスティネールを作ってくれた。


quina20080702-006.JPG


ラスティネールといえば、銀座のステラさんで飲んだ
白州のラスティネールが印象に残っているが、
このドランブイをほんの少しでピート香りをたたせている
ラスティネールは味わいが燻製に絶好のマリアージュとなった。

銀座のバー、Quina(キナ)。
自家製燻製を食べに、また行きたくなるバーである。


銀座 ショットバー Quina(キナ)
東京都中央区銀座3丁目7-20 徳永ビルB1
03-3535-0026
東京メトロ各線銀座駅A12出口徒歩2分
銀座 ショットバー Quina(キナ) 詳細情報


レストランの人気blogランキングへ
banner_02.gif

<自家製燻製レシピなら>
 男の手作り燻製



posted by バー 千夜一夜 at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座 バー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。