TOP 表参道 バー >表参道 バー 緩木堂

2008年06月13日

表参道 バー 緩木堂

表参道の有名バー、緩木堂(ゆるぎどう)へ。


yurugi20080613-007.JPG


十年位前に一度訪問して、いい感じのバーだと
再訪をしたかった骨とう通りのバーである。


表参道の駅から歩いて3分ほど。
骨とう通りのビルの地下に降りていく。

入口からシックな感じのバーで雰囲気がある。


yurugi20080613-001.JPG


カウンターに座ると分厚いメニューを渡される。
カクテルの名前がぎっしりで、バー緩木堂で考案された
オリジナルカクテルも、解説入りで丁寧に書かれていて
思わず注文をわすれ魅入ってしまう。

食前酒です、とバーテンダーさん。


yurugi20080613-002.JPG


とバーでドリンクの前に、お酒をいただいたのは
初めてかもしれない。

米のシャンパンで、すっきり爽やか。


食前酒とともにでてきたセット。
粋な演出に酒飲みの心がくすぐられる。


yurugi20080613-003.JPG


一杯目は珍しくマルガリータ。
最近モヒートか、アイラモルトのハイボールで
スタートすることが多いのだが、あのカクテルメニューを
見ているうちになんだか飲みたくなってしまったものらしい。


yurugi20080613-004.JPG


甘さがうまく抑えられて、すっきり爽やか。


yurugi20080613-007.JPG


蒸し暑い日だったので、汗をかいたのか、
マルガリータのスノースタイルが
じつに心地よく感じられる。


2杯目はラフロイグのハイボール。


yurugi20080613-005.JPG


お願いした料理は、メニューを見たときに
目が釘付けになってしまった、「塩豚」だ。

塩豚大好きで、自家製塩豚も作る私としては、
なにをおいても食べたかった。


yurugi20080613-006.JPG


これがまたじつにしっとりとして、
塩分もやわらかにいきわたり、
豚のうまみが十分に引き出されて、うまい。


なかなか自分ではこうはいかない。。。


ひとしきりバーテンダーさんと塩豚談義(笑)

いろいろとコツを教えてもらったのだが
果たして全部覚えているかどうかあやしい。。。


このバー緩木堂は、れっきとしたオーセンティックバーだが
バーテンダーさんもきさくで、とても居心地がよい。
カップルあり、ひとり客あり、
特に女性ひとりでも楽しんでいる人も多い。


表参道からも近く、骨とう通りにそっとある
素晴らしいバー、バー緩木堂。

私の中のツボにあたったバーである。


表参道 バー 緩木堂(ゆるぎどう)
東京都港区南青山5-8-10 コモド南青山 B1F
03-5467-2779
表参道 バー 緩木堂(ゆるぎどう)の詳細情報


レストランの人気blogランキングへ
banner_02.gif












posted by バー 千夜一夜 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 表参道 バー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。